吃音の人は天才で、優れた才能を持っているとも考えられています。

では、何故吃音の人は天才だと考えられているのか。

その理由や、天才だとされる吃音の人のある性格の特徴。

また、吃音だった有名な偉人達について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

吃音の人が天才だと考えられている理由とは?

吃音の人は上手く喋れないという理由だけで、世間的には低い評価をされがちです。

それに、吃音というものの存在自体を知らないという人もまだまだ多いと思います。

しかし有名な偉人達の中にも、実は吃音だったという人が意外とたくさんいます。

そういったことから、吃音の人は天才的な才能を持っているとも考えられているのです。

そういったことも、吃音の人が天才だと考えられている大きな理由の一つです。

実際に吃音の人は、頭の回転自体もかなり速かったりします。

それに吃音の人には、性格的にかなり感受性が強いという共通点もあります。

感受性が強い性格によって、他の人より「○○し過ぎる」というのも特徴です。

その「○○し過ぎる」という性格の特徴は、大きな事を成し遂げる原動力にもなってきます。

そういったことが理由で、偉人達の中にも意外と吃音の人が多いのだと思います。

そのため吃音の人は、特定の分野において優れた才能を発揮する天才的な才能があるということが言えそうです。

天才だと考えられている吃音の人の性格の特徴とは?

天才だと考えられている吃音の人の性格の特徴は、かなり感受性が強いという事です。

感受性が強い事で、優し過ぎたり、深く考え過ぎたり、人の気持ちを考えすぎたり、傷つきやすかったりする事が多いです。

その他人より「○○し過ぎる」という特徴が、大きな事を成し遂げる原動力にもなってきます。

有名な偉人達にも意外と吃音の人が多いのは、その感受性が強すぎる性格の特徴が関係していると言えそうです。

吃音者の性格をHSP(Highly Sensitive Person)とも言い、感受性が強い人という意味になっています。

特に日本人は謙虚な人が多いので、HSPの割合も高いようです。

研究では吃音の人のおよそ9割がHSP(感受性が強い人)だという結果も出ています。

このことからも、感受性が強すぎる事が吃音と何らかの関係があるということは間違いなさそうです。

また、吃音の人はほとんどの人があまり使わない脳の領域を使う傾向があります。

そういったことが理由で頭の回転が速く、それに言葉が追いついていないとも考えられています。

スポンサーリンク

天才的な吃音の偉人には誰がいるのか?

吃音の人が天才だと考えられている大きな理由の一つは、偉人達に意外と吃音の人が多いということです。

吃音だった有名な偉人達には、例えば以下のような方々がいます。

・アインシュタイン

20世紀最大の物理学者で、現代物理学の父とも呼ばれている人物です。

・アリストテレス

西洋最大の哲学者の一人とされていて、その自然研究の業績から「万学の祖」とも呼ばれている人物です。

・ジョージ6世

イギリスならび海外自治領などの国王だった人物で、「英国王のスピーチ」で映画化もされています。

・スキャットマン・ジョン

吃音のミュージシャンとして、各国のチャートでNo.1になった人物です。
また、吃音者団体との交流を深め彼らを支援するためのスキャットマン基金を設立し、その功績を称えられ「アニー・グレン賞」「チャールズ・ヴァン・ライパー賞」なども受賞してます。

・田中角栄

高等教育を受けていない学歴ながら首相にまでなり、当時は今太閤とも呼ばれていた人物です。。

・ナポレオン

フランス革命後の混乱を収拾して軍事独裁政権を樹立した軍人・政治家で、フランス帝国の皇帝にも即位した人物です。

・マリリン・モンロー

アメリカの女優・モデルとして活躍して、一躍トップスターとなった人物です。

まとめ

吃音の人は喋る時にどもってしまうだけで、実はかなり優れた才能を持っていると言えそうです。

そのことは、吃音の人のかなり感受性が強い性格も関係しるようです。

また、有名な偉人達の中にも吃音だったという人は意外と多いです。

そういったことからも、吃音の人は天才的な才能を持っていると考えてよさそうです。

スポンサーリンク