吃音の治し方や、最も簡単な改善方法について解説していきたいと思います。

私自身ももともとは重度の吃音でしたが、それでも吃音を改善することは出来ました。

吃音は主に人と会話をする時などに症状が現れるものですが、独り言をいう時や歌を歌う時にはどもらない場合がほとんどです。

なので吃音は正しい治し方さえ実践すれば、必ず改善出来るものだといえます。

スポンサーリンク

吃音の5つの治し方

吃音の治し方を5つ紹介していきたいと思います。
吃音の治し方としてよくやられているトレーニング方法でも、なかには返って逆効果になってしまって症状を悪化させてしまうものもあります。
なのでそうならないように、正しい方法でしっかりと吃音を治していきましょう。

発声練習をしないようにする

吃音で上手く言葉を発することが出来ないと、ほとんどの人が発声練習などのトレーニングをして治そうとするかと思います。
私自身もそうでしたが、1人で車の運転をしている時などにはよく発声練習をしたりしていました。
ですが発声練習は吃音を治すのに効果があるどころか、むしろ逆効果になってしてしまう場合がほとんどです。
その理由ですが、吃音は喋る時に上手く発音することを意識しすぎると逆に悪化してしまう傾向がかなり強いからです。
なので吃音を改善する目的で発声練習をしても、返って吃音を悪化させる原因にもなってしまうので絶対にしない方がいいです。

早口な場合はゆっくり喋るようにする

吃音の人は、かなりの割合で早口だとされています。
そのため、発音が追いつかずにどもってしまっている場合もあります。
なのでもしもあなたが自分で早口だと思うようなら、少しだけ喋るスピードをゆっくりにする事で吃音が改善される可能性もあります。
ですがこの方法は、早口なことが吃音の原因になっている人以外にはほとんど効果は期待出来ません。

言いやすい別の言葉に置き換えないようにする

吃音が悪化してくると発音しにくい苦手な言葉を避けて、言いやすい別の言葉に置き換えるようになったりします。
確かに言いやすい別の言葉に置き換えればその場はしのげるかもしれませんが、当然ながら吃音の根本的な改善にはなりません。
それに喋ることへの恐怖心は高まっていってしまうし、毎回言いやすい言葉を選びながら喋らなければいけなくなってしまいます。
なので言いやすい別の言葉に置き換えるということは、少しずつでもなくしていった方がいいです。

喋る時に無駄な力が入り過ぎないようにする

喋る時に無駄な力が入り過ぎているようなら、出来るだけ無駄な力を抜いてリラックスした状態で喋れるようにした方がいいです。
しかし喋る時に無駄な力が入るのは癖のようなものなので、治すのはそんなに簡単ではないかもしれません。
ですが無駄な力が入り過ぎないように心掛けて、少しずつでも改善していけるようにしましょう。

イメージトレーニングをする

スポーツなどでもイメージトレーニングをすることによって、実際に体を動かして練習をしなくてもイメージ通りの動きが出来るようになって上達したりします。
そのことは吃音でも同じで、上手く喋れている自分を思い浮かべながらイメージトレーニングをすることによって、実際に吃音が改善されていく可能性があります。
スポーツなどに限らず、吃音の改善にもイメージトレーニングは効果的だと言えます。

吃音の治し方で最も簡単な方法とは?

吃音は言語障害の一種なので、自力で治そうとしてもなかなか簡単に改善出来るものではありません。

それに吃音に関する知識を十分にもった医師もまだまだまだ少ない状況なので、通院による治療にもあまり期待出来ません。

通院による治療では薬を処方されたりもするようですが、そもそも吃音を治すのに薬を使ってもはあまり効果がない場合がほとんどです。

しかし、吃音の治療に詳しい言語聴覚士が近所にいるようなら通院してみるのもいいかもしれません。

ですが吃音の治し方で最も簡単な方法となっているのは、自宅などで手軽に出来る吃音改善プログラムを実践することです。

吃音改善プログラムはいくつかありますが、私が最も推奨するのは【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムです。

私自身が重度の吃音を改善出来たのも、【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムを実践したことがきっかけです。

それに【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムには返金保証もついているので、実践をするのにリスクもありません。

参加後もしも90日間実践しても効果を感じられなかった場合は、返金が約束されています。

しかし【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムは他の参加者からの評判もかなり良いので、全く効果がないということはおそらくないとは思います。

それに万が一効果がみられなかった場合でも返金保証が付いているので、すっと吃音に悩まされ続けるぐらいならとりあえず実践してみても損はありません。

多少の個人差はあるかもしれませんが、6週間前後で吃音を改善することが出来るプログラムとなっています。

スポンサーリンク

私が【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムを実践した結果

吃音は発生練習などのトレーニングをして治そうとしても、それで治るということはほぼありません。

それどころか発声練習をすると、吃音を強く意識してしまってむしろ症状が悪化してしまうという悪循環に陥ってしまう可能性が高いです。

そもそも吃音というのは認知度もかなり低いし、世間では知らない人がほとんどだと思います。

なので吃音だと人から馬鹿にされたり、からかわれたりして嫌な思いをする事も多いのが現実だと思います。

そういう私自身も、もともとは吃音という言葉は知りませんでした。

ですがあまりにも声が出にくかったので調べてみた結果、自分の症状が吃音だということが分かりました。

それで何とかして早く治したいと思って私が実践したのが、【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムでした。

【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムは6週間のプログラムとなっています。

【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムの参加者たちは、みんなある程度は効果を実感しているようです。

その中でも特に気になった参加者の感想の1つが、「喋ることへのストレスがなくなった」というものです。

私自身も吃音で悩んでいた時は、喋ることへのストレスがなくなればどんなに楽になるかと考えたりしていました。

しかし、【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムを実践するかどうかは始めは少し悩みました。

ですが、【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムには返金保証も付いています。

それに一生ずっと吃音に悩まされ続けるのは絶対に嫌だったので、結局私は思いきって【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムを実践することにしました。

すると、私の場合は実践開始から1ヵ月ほどで効果を実感するようになりました。

想像以上に改善の効果があったので、ちょっと驚いてしまったぐらいです。

今では吃音がしっかりと治って喋ることへの不安やストレスがなくなったので、【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムを実践して本当に良かったと思っています。

【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム(限定特典付き)

当ブログ限定特典について

当ブログからの購入者限定特典として、あがり症の克服マニュアルもお付けしました。

なので当ブログから【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムを購入される場合は、そちらの特典も同時に受け取ることが出来ます。

あがり症の克服マニュアルは「原因」「問題点」「改善方法」などを網羅したマニュアルとなっています。

この特典はpdfファイルとなっているので、ダウンロードして閲覧することが出来ます。

また、特典は今後も追加をしていく予定なので、そちらの方も無料で受け取り続けるが出来ます。

限定特典の受け取り方法

インターネットには、クッキーというものがあります。

このクッキーが有効になっていることで、当ブログから購入してくれたことが分かるという仕組みになっています。

なのでこのクッキーが有効になっていないと、当ブログからの限定特典を受け取ることが出来ません。

決済画面に進み、以下のように表示されていれば問題なく特典を受け取ることが出来ます。

【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム(限定特典付き)